健康ランドでボディマッサージ2005年09月25日 09:57

昨夜、かみさんの仕事が終わってから健康ランドに出かけた。 今回の目的は、健康ランドにあるタイ古式マッサージを受けに行くことと、施術者をインタビューすることの2点。

ある程度の予想はしていたが、3連休の中日ということで、健康ランドは大繁盛状態。21時に健康ランドに到着するや、すぐにマッサージの予約を申し込んだら、早くて23時からとのこと。『2人同時だと、0時からです』との受付に、かみさんがタイ古式マッサージで私はボディマッサージにとなった。

合宿から戻って親指の痛みが引かないので、マッサージを受けることで復習的な目的もあったのだが、かみさんは明日も仕事の身なのであまり遅くまで健康ランドにいられず、仕方なく私はボディマッサージであきらめた。

んが。ボディマッサージを受けてあらためて気づいたことが何点か... 今まで町にあるマッサージ屋には何度か通ったが、これまでマッサージの中身についてあまり関心が無かったので、マッサージ中はひたすら寝るばかりだった。

今回のボディマッサージは、初めにうつぶせ状態での背中の指圧から始まり、 肩の圧迫⇒首の指圧⇒腕の指圧・圧迫⇒背中の指圧・圧迫⇒足の圧迫 ⇒仰向けになって⇒足の指圧・圧迫⇒肩の圧迫⇒座位になって⇒ 肩の指圧⇒終了

といった60分コースだった。

ところどころ、足や腕のストレッチっぽいのもあったが、どちらかというと寝たきり状態なのをほぐすためにやっている程度で、ほとんどは指圧と圧迫がメイン。担当してくれたのはおじさんだったが、指圧の圧力はかなり強い。熟練の圧ということなのか....

マッサージを受けている最中は何をやっているのか、体の神経を研ぎ澄ませて探っていたのでマッサージを受けたという実感はほとんど無かった。(笑 ただし、肩や首のコリはかなりほぐれた。

タイ式マッサージとの大きな違いは、全体的に指圧・圧迫で施術するということ、受けてはうつぶせ・仰向けがほとんどということ。 それに気がついたことがもう1つ。足裏マッサージを担当している女性も見かけたが、ボディマッサージの施術者はほとんどが男性。これは、指圧と圧迫ばかりの施術は体力的に女性にはきついのかも。それに大して、タイ古式マッサージの施術者は2人とも女性だった。

タイ式マッサージの合宿を受けたので、私がタイびいきになってしまうのは仕方が無いと思うが、マッサージの中にストレッチが入ることで受けても施術者もタイ式マッサージのほうが楽というのが素直な感想。

かみさんが受けたタイ古式マッサージの施術者は、身長は150cmぐらいの小柄な女性だが、今日9人施術したらしい。

私は残念ながら今回タイ古式マッサージを受けることはできなかったが、受け手になることもなかりの勉強になることがわかったので、また近いうちに東京でマッサージや巡りをしてみようと思う。

コメント

※コメントの受付件数を超えているため、この記事にコメントすることができません。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://24c.asablo.jp/blog/2005/09/25/87477/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。